建物改修 Q&A

防水工事は必要ですか?
ビル・マンション等のコンクリート建築物では、建築後コンクリートが硬化収縮を起こし、微小なクラックが発生します。クラックは、環境の変化(温度・振動)によって少しづつ大きくなり、漏水が発生します。(通常、10年経過後に発生する事が多くあります。)コンクリート建築物において防水工事は、建物構造と室内環境を維持するには必要な工事です。
「クラック」ってなんですか?
コンクリート壁等に現れるひび割れの事です。このクラックから雨水が浸透する場合がありますので早い目の診断が必要かと思われます。
施工途中の様子について確認出来ますか?
施工途中の写真を、工事報告書に添付して施工完了時にお渡ししますのでご安心ください。
工事後にトラブルがあったらどうしたらいいでしょうか?
ご連絡いただければ、弊社の担当者がお伺いして対応します。気になる点があればお知らせください。
保証内容を教えてください。
防水の保証については、基本的に10年間の施工店・メーカー連名保証になります。
部分的な工事はできますか?
ご相談いただければ、調査診断の規模の大小に拘わらずお見積りさせて頂きます。
現地調査や見積もりはいくらかかりますか?
初回の下見調査とお見積もりは無料で承ります。ご予算等のご提案の上ご依頼ください。
どんな工法で防水工事をするのですか?
FRP防水、シーリング工事、下地補修、止水工事など状況により複合した工事になるケースがあります。
防水工事はどれくらいの頻度ですればいいんですか?
建築環境にもよりますが、10年程度でお考えいただく事をお勧めします。
工事費用のコストダウン方法を教えてください。
現地調査の上提案見積もりを提出します。状況に応じて詳細下地施工の内容が違うので説明をさせて頂きます。
一軒家でもできますか?
はい、一般のご家庭でもお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはコチラ