防水工事

FRP防水工事

FRPは、防水用ガラス繊維マットに防水用ポリエステル樹脂を浸透させ、繊維強化プラスチックの防水層を形成する工法です。 強度・耐水性・成型性に優れており、船舶・バスタブ・屋根材などに広く使われ、ビル・マンションの屋上・住宅のバルコニーによく用いられる防水工事方法のひとつです。 紫外線・気温の高低差にも対応でき、表面の硬度についても優れていますが下地追従性は劣ります。(下地の柔らかい場所には不向きです。)

FRP防水工事ベランダ施工後写真 FRP防水工事ピロティ床施工後写真
ベランダ 施工後 ピロティ床 施工後

新築から改修まで幅広いニーズにお応えいたします。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはコチラ